FC2ブログ
プロフィール

酒井美佐子

Author:酒井美佐子
医療法人財団古宿会医療技術部部長、薬剤師、博士(保健医療学)。平成4年東邦大学薬学部卒。平成26年昭和大学保健医療学部研究科前期博士課程卒。平成29年後期博士課程卒。東邦大学医療センター佐倉病院にて病棟臨床薬剤師として9年間勤務後、カナダアルバータ大学・アメリカコロラド州立大学病院統合医療センターの研修を経て、平成15年統合医療ビレッジ薬剤部長。平成20年ビオセラクリニック薬剤部、自然療法部門部長。平成28年より現職。メディカルサプリメントアドバイザー、ハーバルセラピスト、食生活改善指導士(日本人間ドック学会認定)、心理相談員。
論文:眼球酸化ストレス反応のビタミンCによる予防 あたらしい眼科 21 4 559-563 2004
Inhibitory action of quercetin on eosinophil activation in vitro. Evidence-Based Complement Alternative Med 2013: Article ID 127105, 7 pages, 2013.
Suppressive Activity of Quercetin on the Production of Eosinophil Chemoattractants From Eosinophils In Vitro.2014
著書:デトックス・ダイエット(幻冬舎)、3日で毒素排出(イーストプレス)監修
執筆依頼または取材記事:STORY、Hanako、25ans、CLASSY 、Very、Bagle、日経WOMAN、non-no、きれいなからだ、ルミーナ、FYTTE、美的、産経新聞、朝日新聞、暮しと健康、metropolitanaメトロポリターナ、がんを治す完全ガイド、薬学生・薬剤師情報誌MIL[ミル]、日経ドラッグインフォメーション、ファーマネクスト、薬剤師向け雑誌「日経ドラッグインフォメーション」連載、「ファーマネクスト」(じほう)など

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

酒井美佐子のハーブ&アロマ&メディカルサプリブログ
薬剤師・酒井美佐子がハーブ・アロマ・メディカルサプリにかかわる日々の出来事を綴るブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美ST 9月号 心のゆらぎ相談室

びすと

美STの9月号の「心のゆらぎゆらぎ相談室」で、

ドラッグストアで購入できる心の薬のコメントをしています。

抗ヒスタミン系

生薬配合系

漢方の3つに分類して紹介しています。

ぜひご覧くださいませ。


スポンサーサイト
婦人公論 5/22 号 心とからだの養生学
180522a.jpg

今月の婦人公論にて、心とからだの養生学……アロマテラピーで心の揺らぎを整える で取材を受けました。

梅雨入りが近いこの季節、いろいろなストレスにより体調不良・免疫低下による様々な症状に、アロマを身近に使ってみませんか?という内容です。

http://www.chuko.co.jp/fujinkoron/newest_issue/



連載100回! 酒井美佐子の「ハーブ&アロマの知恵袋」
日経DIオンライン「ハーブ&アロマの知恵袋」が、

2009年11月に連載がスタートして、

18年4月13日のコラム「男性にもお薦めの『疲労回復アロマ』」で、100回目を迎えました。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/editors/201804/555604.html

薬剤師のお仕事は、医療現場の中でとても重要な職種であり、
医療チームの一員として、毎日ハードな仕事をこなしています。

そんな先生達に、ちょっとリフレッシュ・リラックスをアロマやハーブを使って出来ることをお伝えしたく、コラムを書いておりますので、

お役に立てれば幸いです。


日経DIコラム 酒井美佐子の「ハーブ&アロマの知恵袋」12月号
日経DIコラム 酒井美佐子の「ハーブ&アロマの知恵袋」12月号がアップされました。

テーマは「血行促進からリラックス効果まで、ヘリクリサム」です。

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/di/column/misako/

ヘリクリサムは、ロクシタンの人気シリーズ「イモーテル」のことです。
地中海沿岸地域を原産とし、独特の甘くフルーティーな香り成分は香水の原料としてよく使われてきました。

花を乾燥させても色形が何年も長持ちすることから、フランス語では「イモーテル(不滅の花)」、英語では「エバーラスティングフラワー(永遠の花)」とも呼ばれます。


ピンクリボン月間
勤務する医療法人財団古宿会のホームページ

水戸中央病院 健診センター百合が丘の健康コラムを担当しています。

https://www.mitochuo-hsp.or.jp/dock_column.php

今月はピンクリボン月間。
世界的な乳がん検診の啓蒙活動が行われています。

当院では、10月15日日曜日に水戸市ではじめてのマンモサンデーが行われます。

また11月3日金曜日は、
ピンクリボンウォーク千波湖に協賛しています。

みなさん、乳がん検診は年に1回受けましょう!

マンモサンデー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。